前へ
次へ

美肌を作る美容食について

健康な体、ハリのある肌、生き生きとした表情、こういった元気で美しい姿を保つにはバランスのとれた食事が大切です。
健康を保つために、バランスのとれた栄養素を一つ一つ摂取していきますが、それを美容食といいます。
これには色々と条件もつきものです。
まず、健康を維持するには、一日2000から2500カロリーが必要です。
そして、たんぱく質の摂取(皮膚細胞の新陳代謝を促進させ、肌を透明にします)や、カルシウムは十分に摂ること、牛乳や昆布果物、のりといったアルカリ性の食品は、定期的に摂取するようにする等があげられます。
また、しみをうすくするのには、ビタミンCが多量に含まれたレモンやみかん、卵、動物の内臓や肝も有効です。
そして、潤いのあるやわらかい肌になるためには、ビタミンAが豊富に含まれるほうれん草やピーマン、南瓜、チーズやゴマなどを多く摂ると良いとされています。
美容食を心がけて、美肌作りを目指しましょう。

美容を気にするひとが食べるもの

いつの時代も女性は美しくなりたい生き物です。
日々のお顔のケアはもちろんのこと、適度な運動やマッサージ、シャワーのみならず温泉や岩盤浴、体の中からきれいにすべくマイナスイオンを浴びに森林浴や散策など、美容と言えども数々の美容法があります。
その中でも効果覿面なのが、やはり体内に取り込む食事の内容です。
やはりお野菜を中心としながら、卵やお肉、お魚なども適度に食すこと、特にビタミンやミネラル、女性に不足しがちな鉄分などを摂取するよう心がけることも大切です。
しかしかと言ってダイエットではないので、あくまでも様々な食材を温かく美味しく頂くことが一番の美容法です。
食事から摂取できない場合などは、上手にサプリメントを利用することもおすすめします。

Page Top